風俗であった微妙なお話

眠そうな良い感じの子を秋葉原の風俗で見つけた

眠そうな風俗嬢が自分の好みなんですよ(笑)やる気がない訳じゃないけど、眠そうに見られるのであまりやる気を感じさせない。そんな風俗嬢が好みなんです。そういったタイプを探すのもまた、いわば自分次第なので風俗のポータルサイトでは、よく利用する秋葉原の風俗でお店と好みの女の子をしっかりとチェックするよう心掛けています
そして久しぶりに秋葉原の風俗で見つけたのが前回遊んだRちゃんでした。何となく眠そうなんですけど、スタイルは抜群。足も長いし、メリハリのあるあのボディは思い出すだけで抜けますよ(笑)そんなボディの彼女ですけど、とにかく素晴らしかったです。眠そうだから一見やる気がなさそうには見えるんですけど、実際にはやる気がない訳じゃないんです。むしろこちらのためにかなり一生懸命頑張ってくれましたからね。眠そうだけど頑張る。そのギャップが自分の心に突き刺さったかなと(笑)
それも含めて、秋葉原の風俗で彼女との時間はとっても楽しめましたし、改めて眠そうな女の子は最高だなって(笑)

風俗店はホームページの操作性も大切

風俗店のホームページはテンプレートというか、どのお店でも似たような作りになっているなとは思いますけど、細かい部分は違うじゃないですか。秋葉原にある風俗店を見てもそう言えるんですよね。むしろそこが風俗店の個性の見せ所なのかなと思うんです。
ホームページの使い勝手なんて本当にちょっとしたことだと思うんですよ。その部分よりも、むしろ在籍している女の子と料金表示の方が重要だって思っている風俗店もあるかもしれないんですけど、ホームページのレイアウトや操作性によって、その風俗店に興味を持つかどうかも変わってきますよね。それこそタップしているのになかなか表示されないような重いホームページだと、「もういいや」になってしまうと思うんですよね。それよりは、快適に表示されて、さらには誤作動も起こさずに自分の好きなようにガンガン楽しめるとあれば、そのお店に対しての興味だって勝手に湧いてくるんじゃないのかなって思いますので、ホームページのデザインや操作性もまた、風俗店への評価になりますよね。
自分も秋葉原の風俗を選ぶときにはそういったことも考えていますね。