風俗であった微妙なお話

疑問がモチベーションになるんです

風俗へのモチベーションは「どんなジャンルなんだろう」「どんな女の子なんだろう」という疑問や好奇心。これがモチベーションなんですよね。分かり切ったものじゃなくて、自分でも分からないことや、興味を抱いたこと。これらに対して、自分でも遊んでみたいなって思うんです。だから風俗で遊ぶ時には、基本的にはいつも刺激に溢れています。むしろそうじゃないと意味が無いんじゃないかなとさえ思うんですよね。せっかくの風俗なんです。無難な時間を過ごすのではなくて、刺激的な好奇心を満たしてくれるような時間にしたいなって思っているんですよ。それもあって、風俗で遊ぶのであればそれまで自分が試したことが無いようなことや、何となくイメージしか持っていないけど、疑問を解決したいものとかですね。もちろん普通に楽しむだけでも全然良いとは思うんですけど、それなりに風俗のベテランになってきたのもあって、もっともっと好奇心を満たしたいなって。

揺れていた気持ちが固まりました

男として風俗は大好きなんですけど、遊び方は次第に固まってくるものじゃないですか。当初はもっといろんなジャンルをって気持ちがありましたけど、次第に自分好みのもので落ち着いていくというか。最近は自分自身、デリヘルが多いです。楽じゃないですか、単純に(笑)女の子のレベルとか、手が合うとか相性がとかって話じゃなくて電話するだけで簡単に楽しめるのはやっぱりありがたいんですよ。それもあってここ最近はデリヘルばかりになっていたんですけど、でもデリヘルばかりではなく、もっといろいろと楽しもうと気持ちが語りました。なぜなら、久しぶりに風俗店まで行ってきたんですけど、物凄く楽しかったんです。刺激というか、久しぶりだからこそここまで楽しめるのかなって思ったんですよね。だからあまり固定するのではなくて、いろいろなものを楽しんでみたいなって気持ちになりました。むしろそれがある意味では男としての本能なのかもしれませんね(笑)