風俗であった微妙なお話

巨乳だとこっちも勝手に気分が上がる

巨乳風俗嬢を相手にしていると、こっちとしても特に気合を入れるとかではなく、無意識のうちn相手に対しての執着心と言うか、やる気が出るものですね。そのことに気付いてからは、風俗では巨乳と遊ぶようにしていますけど巨乳と言ってもいろんな形がありますよね。この前遊んだOちゃんは、巨乳風俗嬢であることは間違いないんですけど、上向きと言うか、全然垂れていないんですよ。あの巨乳を見るとやっぱり凄いなって実感させられますし、若さって素晴らしいなって。そう実感することが出来たというだけでも、個人的には相当嬉しい気持ちになれましたし、過去を思い返すと、自分は巨乳に対しての免疫があまりないんですよね。それまで付き合った女の子は基本的に微乳側の子が多かっただけに、巨乳が特別な存在なんじゃないのかなって。だからこそ、自分でもついつい気持ちが入ってしまうというか、自分でもついついもっといろんなことをして楽しみたいと思えるんです。

表情に見る彼女の余裕

上手な風俗嬢だということはホームページでもかかれていたので、テクニックに対しての期待感はそれなりに高いものでした。でも、想像以上でしたね。彼女のあの実力、相当なものでした。それに、彼女は上手と言うよりも上手であると共に、終始余裕だったんですよね。一生懸命頑張って限界以上のことをしているってよりも、余裕を持ってこちらと接してくれたんです。それだけでも素晴らしいじゃないですか。それって実際の所、相当な腕前を持っている風俗嬢なんじゃないのかなって思いましたからね。だってそれなりに腕前に余裕を持っていなければ精神的に余裕を持つのは難しいじゃないですか。お客を目の前にしてあれだけ余裕を持てるってことは、それだけ自分の力量に対しての自信と、それこそ「いつでもイカせられるんだぞ」という意思表示そのものでもあるんじゃないかなって。だからか、とっても楽しい時間を満喫することが出来たのは言うまでもありませんね。